少室闕

発信時間: 2009-05-07 | チャイナネット

象を馴らす図

狩猟図

东闕

西闕

 

少室闕は少室山少姨廟前の神道闕。後漢の安帝延光2年(123年)前後に建造された。構造は太室闕とほぼ同じで、闕の表面に刻された宴会、剣術、狩猟、蹴鞠、月宮など60以上の画像が比較的完全な状態で保存されている。

 

「チャイナネット」 2009年5月7日