概説

発信時間: 2009-06-26 | チャイナネット

 

 

五台山は山西省忻州市の域内に位置し、北緯38°50'~39°05'、東経113°29'~113°44'の区間にあり、数々の高い山と山峰からなる地域である。その中に5つの高い山峰があり、雄大なスケールを誇り、連綿と続いて輪の形をなし、周囲は250キロに及び、総面積は592.88平方キロである。

これらの山峰の頂上部はいずれも平らで広く、「土を積み上げた台のようである」ため、五台山と称されている。5つの峰の斜面はなだらかで、広い谷があり、台の懐と言われている。5つの峰はきちんと並んでおり、あたかも5本の手の指が半分収まっているように空に向かって聳えており、最も高いところの海抜は3061メートルで、「華北(中国の北部地域)」の屋根」と称されている。

「チャイナネット」 2009年6月26日