ホーム>>観光>>動画
歴史的名山-廬山
発信時間: 2007-12-20 | チャイナネット

 

“蒼潤高逸、秀出東南”と称えられる廬山は、昔から多くの文学者や芸術家に愛され、隠者や高僧のよりどころであり、政治家や名士の活動の舞台でもあった。こうした雰囲気が廬山に濃厚な文化的色彩をもたらし、奥深い文化の存する場所にした。

廬山の山水文化は中国の山水文化が素晴らしい形で反映したものである。中国山水文化の歴史を縮小したものといえる。廬山の自然は詩的化された自然であり、また“人”化された自然でもある。東晋時代以来、詩人たちが廬山について詠んだ詩詞歌賦は4,000を超える。東晋の詩人・謝霊運の『登廬山絶頂望諸嶠』、南朝の詩人・鮑照の『望石門』などは、中国における最も初期の山水詩の一つであり、廬山は中国山水詩の発祥地の一つとなった。詩人・陶淵明が生涯にわたり廬山をテーマに作った田園詩の作風は、その後の中国の詩壇に影響を与えた。唐代の詩人・李白は5回にわたり廬山を遊覧し、『廬山遥寄慮侍御虚舟』等の14首の詩をつくった。彼の作品『望廬山瀑布』は廬山の瀑布同様、千古にわたり伝わっている。この作品は国内だけではなく、海外の華人社会にも知れわたっており、中国古代詩中の最高作品とされている。宋代の詩人蘇軾の『題西林壁』は広く人々に知られ、与えた影響は計り知れず、「廬山の真面目を識らざれば、只だ身の此の山中に在るに縁る」という名句は非常に弁証法的哲理に満ちている。

「チャイナネット」2007年12月20日

  関連記事

· 廬山

· 江西省廬山世界地質公園

· 廬山観光、環境保護で入場者を年180万に制限へ

· 避暑コース案内・廬山―婺源

· 中国の廬山風景区、国連優秀生態観光区に

  同コラムの最新記事

· 桃花源の里-西逓村

· チベット-聖地ラサ(下)

· チベットの「江南」-林芝

· チベット-聖地ラサ(上)