ホーム>>観光>>観光情報
五輪後の中国 世界の観光客が憧れる観光地に
発信時間: 2008-09-12 | チャイナネット

米国のマーケティングリサーチ会社、エーシーニールセンが11日に発表したアンケート結果では、北京オリンピックの成功は中国の国際的なイメージをアップさせ、中国の観光業にかなりの広告効果をもたらしたとしている。中国は北京オリンピック後、世界の観光客が憧れる観光地となったという。

エーシーニールセンは開会式と閉会式の後、世界16の国や地域の人にオンラインでアンケートを行った。その結果、開会式の後のアンケートでは、8割の人が今まで中国に行ったことがないと答え、オリンピック閉会後のアンケートでは、半数以上の人が中国への観光に行きたいと回答した。

中国の観光を希望する人の割合が多かった国は、中国香港、シンガポール、インド、メキシコ、中国台湾、南アフリカ、韓国だ。

調査によると、オリンピックを通じて70%の人たちが、「北京は予想していたよりも近代的でハイテク」と感じ、一度訪れたことのある人たちの8割も、再び中国に観光に行きたいと考えている。

エーシーニールセン中国の関係者は、「世界観光組織は2020年に中国は世界最大の観光地になり、毎年1億3700万人の観光客が中国を訪れ、1億人の中国人観光客が世界各国を旅行すると予測している。しかし中国は、北京オリンピックによって世界の舞台の中心に躍り出、この予測は従来の予想よりも繰り上がるだろう」としている。

「チャイナネット」2008年9月12日

  関連記事

· 中国の「観光目的地満足度指数」、日本はトップ

· 第4回中国敦煌国際文化観光祭、開幕

· 麗江、五輪後の「観光ブーム」

· 外交部、プーケット島に足止めの中国人観光客に積極的に助力

· 世界最高層の観光ホールが一般公開 上海

  同コラムの最新記事

· チベット高原の牧草カバー率が向上

· バリアフリー構築が加速 故宮にも昇降リフト

· 台湾に贈るパンダ、来年の春節前に公開予定

· 日航、関空ー杭州線を週7便に増便

· オリンピック公園が国慶節に開放へ