ホーム>>観光>>江西省
江西省三清山の自然
発信時間: 2008-09-18 | チャイナネット

三清山の「巨蠎出山

三清山の「巨蠎出山」

三清山の「巨蠎出山」

三清山は江西省上饒市の東北部に位置し、14億年の地殻変動を経て、世界に二つとない花崗岩が林立する地形を形成している。国務院が1988年8月、国家重点景勝地に指定した。

江西省の三清山景勝区は7日、カナダのケベックで開催されている第32回世界遺産大会で、世界自然遺産に指定されることになった。これで中国の世界遺産リスト登録地は計37ヶ所となった。

世界遺産委員会は三清山景勝区の価値を高く評価し、「割合に小さな地域で、ユニークな花崗岩の石柱や山峰が集中しており、さまざまな形の花崗岩や多種多様な植生、遠近に変化する景観及び人々の心を揺さぶる気候の奇観との相乗効果で、世界でまれに見る美的な効果を呈し、魅力的な自然美を目にすることができる」としている。

花崗岩が形成する独特の石柱群や峰々の稜線の造形、豊富多彩な植生、遠近の変化に富む景観、刻々と変化する天候、これらが形作る唯一無二の美しい自然美は人々を惹きつけてやまない。また、景観を保つために必要な領域において、環境の保護状況も良好なことから、世界遺産に登録するにふさわしい。

「チャイナネット」2008年9月18日

     1   2   3   4   5  


  関連記事
  同コラムの最新記事

· 独特の景観 仙人洞

· 東方禅文化園を建設へ 江西省宜豊

· 江西省の三清山、世界自然遺産に指定

· 江西省 初冬の美しい景色

· 木々が美しく色づき、秋の深まり