ホーム>>観光
北海 神話に基づいて造園された皇室の庭園
発信時間: 2008-11-17 | チャイナネット
 

 



 

故宮の西側には、「西苑」や「太液池」と呼ばれる細長い湖が広がっている。この湖はさらに北海、中海、南海の3つに分かれ、そのうち北海は、遼、金、元、明、清の数代を経て少しずつ築造された皇室の庭園であり、900年の歴史を持つ。今は北海公園として公開され、北京でも美しい場所の一つだ。

 

北海の造園は、遠い昔の一つの神話に基づいていて作られた。昔、東海の奥には、蓬莱、瀛洲、方丈の3つの山があり、そこでは不老不死の仙人たちが暮らしていた。中国を統一した秦の始皇帝は、不老不死の薬を徐福に見つけに行かせたが、結局、見つからなかった。漢代の武帝も夢中で不老不死の薬を探したが、その願いがかなうことはなかった。そのため長安の北側に「太液池」という大きな池を作り、池の中には3つの山を築造して、ぞれぞれ蓬莱、瀛洲、方丈と名づけた。その後、歴代の皇帝が庭園を造る時には、「池1つ、山3つ」の形に従った。北海もその一例である。

 

北海は太液池、瓊華島は蓬莱、もともと水の中にある團城と犀山台は瀛洲と方丈を表しており、園内の「呂公洞」や「仙人庵」、「銅仙承露皿」なども、すべて仙人信仰の意味が含まれている。

 

1   2    


  関連記事

· 北海公園で「菊花展」が開幕 北京

· 北海公園の回廊、修復作業が完成目前

· 北海公園、消失した旧跡の大規模な復元工事を計画

· 北海公園の修繕工事、金箔40万枚を使用

· 北海公園「白塔」の修繕工事が完了 北京

  同コラムの最新記事

· 安徽省・関麓村 豪商の繁栄しのばせる古建築群

· 大自然の創造したカルスト地形 雲南省・石林

· 北京の伝統的な雰囲気が濃厚な「南鑼鼓巷」 外国人に人気上昇中

· 中国の観光業、金融危機に積極的に対応

· 秘境「雪の谷」