元天津工商学院

馬場道117-119号

建築面積5662平米

天津工商学院は近代天津における有名な学府。

教学楼は半地下室を備えた3階建て、上から見ると「工」の字形の左右対称の構造になっている。正面玄関は北側の中央にあり、西翼は教会。建築様式は折衷主義。

外観はフランス最盛期のルネサンス様式を採用していて、2階と3階の外壁はレンガを精巧に築いた清水壁、窓は回転窓が主である。中央の建物の屋根は四角いドーム型、両翼の軒先にはペディメントが設けられている。

 

「チャイナネット」 2009年8月10日

 

pre

下一页元天津工商学院
上一页