ホーム>>ニュース>>写真による報道
全人代チベット代表団、トロントで記者会見
発信時間: 2009-03-22 | チャイナネット

全国人民代表大会(全人代)チベット代表団は20日カナダのトロントで記者会見を行った。

カナダCBC記者の提出した国際金融危機はチベットに何か影響を与えるかという質問を受けて、代表団の団長で、全人代代表のシンツアーチベット自治区人民代表大会常務委員会副主任は、「チベットには大きな影響を及ぼしていない。これは中央政府のチベットへの投資と支援の度合いが非常に大きく、また、中央政府はチベットがほかの省で一連の内需拡大の措置や経済刺激政策を実施しているからだ」と述べた。

また、中央政府とダライラマ個人との接触や交渉についての質問に答えた際、シンツアー団長は、「ダライラマに対する中央政府の政策は一貫しており、接触と交渉のドアはいつでも開かれている。ダライラマが祖国を分裂させる活動を完全に放棄すれば、中央政府はいつでもダライラマの個人代表と接触し、交渉する」と述べた。

そして、ダライラマの提出した「中間道路」や「大チベット区」をいかに評価するかという質問に対し、シンツアー団長は、「いわゆる『中間道路』の核心的内容の一つは『大チベット区』を建設しようとするものだ。チベットは中国領土の分割できない一部分である。『大チベット区』という言い方はそのほかの少数民族を『大チベット区』から撤去させるだけではなく、そこに駐屯する中国解放軍の撤去も要求している。これは国家の主権にかかわっている。『大チベット区』は中国の主権を無視するものだ」と述べた。

「中国国際放送局 日本語部」より2009/03/22

 

  関連記事

· 米国務次官補:米国はチベット独立を支持しない

· チベットの変化と不変

· ある韓国記者が見たチベット

· チベットの地理形態と自然資源

· 青海チベット鉄道、植樹による「緑の壁」設置

  同コラムの最新記事

· 呉邦国・全人代委員長が浜田靖一防衛大臣と会見

· 矢野浩二さん、中国のテレビドラマで演じた日本軍人のイメージを語る

· 空飛ぶ自動車が初飛行、交通渋滞を軽減?

· 中国の砲兵部隊、黄河の内蒙古区間の氷を爆破

· 杭州で僧侶による茶摘み