中日両国>
japanese.china.org.cn |20. 06. 2022

日本人が見た中国の津々浦々②-潜水小道散策記

タグ: 公園 エコ オリンピック 森林 公園
中国網日本語版  |  2022-06-20

  文・写真=小林正弘 

清華大学法学博士 

Genuineways.Inc ブランド保護顧問


 6月初旬、雲ひとつない晴天の朝、“もしかしたらもう咲いているかもしれない”、と思い立ち、子供をつれてオリンピック森林公園の潜水小道に行ってきた。オリンピック森林公園はその名の通り、2008年の北京オリンピックの際に、オリンピックスタジアム・鳥の巣に併設された先端エコシステムを備える広大な森林公園(敷地面積6.8平方キロメートル)だ。


 

 公園に着くとすでに多くの家族連れ、ランナー、バードウォッチャーなどが見られた。木々は高々と成長し、木漏れ日が心地よい。湖や川辺で水遊びに興じる人もいる。



 私たちが一目散に向かった先は、水質浄化・汚水処理機能を備えた人工湿地帯に敷かれ、水中の生態が観察できるように潜り込むように設計された木造の小道だ。水面には透き通るような白やピンクの睡蓮が一面に咲いていた。睡蓮は中国の夏の風物詩の一つであるが、水面と同じ目線で睡蓮や水中の生物を間近に観察できる場所はそうないだろう。子供たちは嬉々として身を乗り出し、水面をじっと見つめている。ここは大都市・北京に暮らす市民の憩いの場であるとともに、自然と対話し、遊びながら自然との共生の理念を学ぶことができる格好のエコ・スポットだ。




 その後、私は子供とさらに湿地帯の奥へ奥へと進み、背の高さを超える葦が生い茂る小道で、涼風に吹かれ、鳥の囀りを聞きながら帰途へついた。



 「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年6月20日