ホーム>>社会
中国、四川被災地で長期的就業保障活動を展開
発信時間: 2008-08-16 | チャイナネット

中国の民政部副部長姜力氏は15日北京で、「中国政府は現在、四川大地震の被災地住民に対し、段階とレベルに分けて就業面での救助活動を展開する案を計画中だ」と明らかにした。

姜力副部長はは、「四川大地震発生後、民政省は直ちに、被災地の900万人の貧困住民に対する救助作業を展開した。1人に毎月30キロの食糧と300元の手当てを3カ月間提供した。最近、国務院はこの政策をさらに2カ月延長し、1人に毎月200元の手当てを提供すると決めた。民政部は、さらに負傷者に医療面での手当てを提供する計画だ」と述べた。

「中国国際放送局 日本語部」より2008年8月15日

  関連記事
  同コラムの最新記事

· 澳門、震災地に50億マカオドルの復興支援

· 中国赤十字会、四川大地震復興支援を全面始動

· 四川省ブン川でM4.9の地震、成都でも揺れ

· 四川大地震の救援活動情報を発表

· マカオ政府、四川大地震被災地の再建に協力