ホーム
中国とオリンピック
発信時間: 2007-05-31 | チャイナネット

現代オリンピックが中国に伝えられ、その発展の過程においては、非常に長い、波乱の多い道をたどってきた。

実のところ、これまでの夏季オリンピック大会は25回催されているが、さまざまな原因で中国はそのうちの第10回、第11回、第14回、第15回、第23回、第24回、第25回、第26回、第27回、第28回などの10回に参加した。

しかし、中国オリンピック委員会とIOCのつながりが余儀なく断ち切られた期間、中国のスポーツ選手たちはオリンピックの趣旨と精神の追求を捨てることはなかった。そして、自らの力を尽くしてオリンピックの発展を促していた。

1984年7月29日は中国とオリンピックに関与する人々にとって特別な日であった。中国の許海峰選手が566点のすばらしい成績でロサンゼルス五輪で中国にとっての初めての金メダルを勝ち取った。当時のサマランチ・IOC会長はみずからこの金メダルを許海峰選手に授与し、「中国のスポーツの歴史で銘記すべき一日である。私は自らこの金メダルを授与することを誇りとするものである」と語った。

アメリカオリンピック委員会のウェー・シメン会長がロサンゼルス五輪の開幕式で、「中国は神秘な幕から歩み出て、長い眠りから目覚めた巨人の姿で今回のオリンピック大会にデビューした」と語った。

20世紀最後のオリンピック大会であったシドニー五輪で、中国は初めて金メダルランキングで三位となり、歴史的な突破を遂げた。2004年のアテネ五輪で、中国選手団は金32、銀17、銅14の成績で、金メダル数とメダル総数ともに二位となった。

これまでの五輪大会で、中国選手は金メダル116(冬季五輪は4個)、銀メダル112(冬季五輪は16個)、銅メダル91(冬季五輪は13個)を獲得し、オリンピックのファミリーの積極的なメンバーとなっている。

中国政府は一貫してオリンピックの普及と促進をサポートしており、世界各地とのスポーツの交流を積極的に繰り広げている。現在、中国の対外スポーツ交流イベントは年間2000回を上回り、延べ3万人が世界各地でスポーツの交流とさまざまな試合に参加している。中国は第11回アジア大会、第三回冬季アジア大会、第一回東亜大会、第六回フェスピック競技大会(極東・南太平洋身体障害者スポーツ大会)など総合的スポーツ大会と選手権大会を成功裏に主催した。中国はオリンピックのメンバーを大いにサポートし、30余ヵ国・地域の50余ヵ所のスポーツ施設の建設を援助した。1999年に、中国は再度IOCに申請し、2008年オリンピック大会の主催を招致した。

2002年2月、北京2008年オリンピック大会招致委員会は北京で第二回全体委員会議を開き、オリンピック招致委員会のエンブレムとキャッチフレーズを決めた。エンブレムは陳紹華氏、韓美林氏、靳埭強氏が共同で制作したものである。キャッチフレーズは「新しい北京、新しいオリンピック」(英語でNew Beijing,Great Olympics)である。

2001年7月13日、モスクワ現地時間18時15分(北京時間22時15分)、IOC第112回全体会議に出席したIOCのサマランチ会長はワールドトレードセンターの中心会場で、「2008年オリンピック主催都市は北京」と厳かに発表した。

北京は五輪招致に成功した。中国の人々の「オリンピックの夢」がかなった。この一刻のために、中国の人々は2000年オリンピック招致の失敗から奮起し、困難な状況の中で努力し、辛苦を嘗め尽くして北京五輪の招致に成功した。

当面、北京五輪のさまざまな準備活動はスムーズに進んでいる。施設の建設とさまざまなインフラ整備にラストスパートをかけ、全国の人々は力を一つにして、北京五輪を中国の国際的イメージと国際的地位を引き上げるベストチャンスと見なしている。

中国のスポーツ界が北京五輪を迎えるために打ち出した目標は三つ。つまり、競技規模の目標においては、北京五輪を契機に、すべての競技種目に参加すること。競技レベルの目標は金メダル数、メダル総数がランキングのトップ三位に入ること。イメージの目標は集団的種目と基盤的種目で新たな突破を遂げること。中国のスポーツ界は世界のスポーツ強国になることを目指して努力している。

             

              「チャイナネット」 

 

 

同コラムの最新記事

· 目覚しく発展する中国のスポーツ事業

· 中国とオリンピック