ホーム>>観光
乾隆帝が設計した「商店街」・頤和園の中の蘇州街
発信時間: 2009-09-06 | チャイナネット

 

清代の皇室の離宮・頤和園の後湖中央の両岸には、水際に多くの商店が建ち並んでいるが、それは乾隆帝が江南水郷の風景を模して、設計したものである。当時、皇帝と皇后はよくここで舟遊びをした。商店の店員は、宦官たちが扮した。そのため、ここは「売買街」または「蘇州街」と称された。

 

1   2   3   4   5    


 
  関連記事