フォトギャラリー>
japanese.china.org.cn |15. 09. 2023

2000年以降生まれ「ラクダ使い」の富裕化の道

タグ: ラクダ 養殖
中国網日本語版  |  2023-09-15

   今年20歳の呉錦彪さんは、江西省会昌県の出身。同年代の人たちが勉強や仕事をしている時、この「2000年以降生まれ」の彼はラクダと過ごしている。


   3年前、呉錦彪さんは会昌県の中等専門学校を卒業後、地元の観光地のガイドになった。あるとき、彼はラクダの養殖はラクダを販売するだけでなく、観光地に騎乗できるラクダも提供でき、稼げるという話を耳にした。そこで、彼はガイドの仕事を辞め、友人の助けを借り、同級生とラクダ養殖合作社を設立した。


   2022年、呉錦彪さんの合作社のラクダ出荷数は700頭、年間生産高は200万元に達した。そのほか、地元の40世帯以上の村民を裕福にした。うち、多くの村民が60歳を超えており、彼は「ラクダ使い」と親しまれている。


「中国網日本語版(チャイナネット)」2023年9月15日

1   2   3   4   5   6   7   8   >