中日両国>
japanese.china.org.cn |21. 06. 2018

日本がW杯本大会に進めるのはなぜか

タグ: W杯 サッカー 選手権 大会


 男子サッカー日本代表チームは19日夜、ワールドカップ(W杯)ロシア大会での初戦に臨んだ。独ブンデスリーガでプレーする香川真司と大迫勇也の両選手のゴールによって、世界ランキング16位のコロンビアを2対1で下すという番狂わせを演じ、前回W杯で1対4で惨敗した相手に一矢報いた。


 日本チームは1998年のW杯フランス大会からすでに6大会連続で本大会に進んでいる。アジアのチームである日本チームがW杯に進む道は平坦なものではなく、数々の困難と試練を経なければならなかった。「ドーハの悲劇」のように夢破れた時もあった。だが日本サッカーは諦めることも、悲劇にひたって抜け出せなくなることもなかった。たゆまぬ努力を通じて、日本サッカーは自らのスタイルを確立し、W杯本大会への成功の道を切り開いた。


 では日本サッカーの成功にはどんな秘密があるのだろうか。まず日本ではサッカーが大衆の分厚い基盤を持っている。日本には、各年齢層をカバーした多様なサッカー大会がある。日本サッカー協会が開催に参加する大会だけで60を数え、一般、高校生、中学生、小学生、女子、シニア、フットサル、ビーチサッカーに大別される。一般大会には、全日本大学サッカー選手権大会や天皇杯、AFCチャンピオンズリーグなどが含まれる。高校生年代はU18の年齢層による大会で、高元宮杯U18サッカープレミアリーグや全国高等学校サッカー選手権大会が含まれる。シニア大会は40歳以上が対象で、最高年齢は70歳以上に対するサッカー大会。日本サッカー協会が開催する大会だけ見ても、社会の各年齢段と各レベルの愛好者をカバーしており、みんなをサッカーに参加させ、サッカーを日本の国民的スポーツとしている。


 より重要なのは、サッカー教育が日本の学園文化の奥深くまで溶け込んでいるということだ。1917年にはすでに、関東・関西の両大学リーグと全国高校サッカー選手権大会が生まれた。日本サッカー協会の設立はさらに早い。このため日本の「学園サッカー」は百年の歴史を誇ると言っても過言ではない。日本には、百年のサッカーの伝統を持つ多くの大学や高校があり、発達した学園サッカー文化を形成している。


 日本各地の小学校や中学校、高校はほぼすべて、自らのサッカーチームを持っている。学校の指導部や教師、保護者らは、生徒がサッカーを学ぶことを応援している。日本の「学園サッカー」は課外活動として行われ、一般的に授業時間は取らない。サッカーを教える際には、子供の興味を育てることに主眼が置かれる。


 練習や大会の際には、保護者も応援隊やボランティアとして参加し、子供たちの熱意をよりいっそう高める。日本サッカーには充実した基盤があり、少年チームはしっかりと根を張り、青年チームの活躍も目覚ましく、ナショナルチームに充実した人材を輩出し、日本サッカーの未来の糧を育んでいる。


 長年にわたる摸索と実践を経て、日本サッカーは、自らに合致した発展と技術の体系を構築し、国際大会でもその力を裏付けた。その成功の経験は、現在の中国サッカーの発展にも参考意義を持っている。今年5月16日、初の「中日青少年サッカー協力サミットフォーラム」が東京で開かれ、数十人のサッカーの専門家らが、青少年サッカーの発展をいかに加速し、交流と協力を強化するかを議論した。


 中国は今後、日本サッカー協会と、ナショナルチーム、青少年育成、職業サッカー、コーチ・審判育成、市場開発などの多くの面で交流・協力を強化し、日本サッカーの発展経験を十分に参考とし、より細かい育成モデルと整った科学評価体系を構築し、中国サッカーの青少年育成の水準を高める方針だ。

1   2   3   4   5   6   7   >