ホーム
国務院、「五輪ロゴ保護条例」を採択
発信時間: 2008-06-24 | チャイナネット

国務院の朱鎔基総理は1月30日、国務院の第54回常務会議を開き、「五輪ロゴ保護条例(草案)」と「汚染費用徴収使用管理条例(草案)」を基本採択した。 会議では五輪ロゴ保護条例の採択理由について、「五輪憲章と第29回五輪開催都市規約の規定に従い、五輪ロゴを保護する義務がある」としたうえで、「現行の関係法や行政法規では義務を確実に履行することはできない。規約履行のため、また2008年北京五輪の開催収益を増やし、資金ルートを確保して国の財政負担を減らしていく必要がある」と強調した。

「人民網日本語版」2002年1月31日


同コラムの最新記事

· 北京五輪の施設は規模縮小へ

· 「五輪開催へ協力を」 朱鎔基総理がギリシャ首相と会談

· 国務院、「五輪ロゴ保護条例」を採択

· IOC会長:北京五輪の成功に自信する