ホーム
代表井村雅代ヘッドコーチ、中国代表の泳ぎに満足
発信時間: 2008-08-24 | チャイナネット

23日に行なわれた北京五輪のシンクロナイズドスイミング女子チームのフリールーティン(決勝)で、中国代表は銅メダルを獲得した。これは、中国のシンクロチームが五輪で獲得した初めてのメダル。

井村雅代ヘッドコーチは、「選手たちは持っている力をすべて出してくれた。本当によく泳いだ」と満足の意を示し、北京大会のメダル獲得という目標が達成できたことを喜んでいた。また、「中国人を始め、皆に応援していただき、感謝している」と話している。

なお、24日の閉会式に、井村コーチは選手たちと一緒に出席する予定である。「閉会式の聖火を見ると、きっと改めて感じることがあり、色々と思い出すと思う」と名残惜しく語った。

本日のチーム競技に先立ち行われたデュエットの試合では、中国代表の蒋文文、蒋ティンティンペアは第四位。アテネ五輪では、中国代表はチームで6位、デュエットで7位だったため、今大会は史上最高の成績を残したことになる。

「中国国際放送局 日本語部」より2008年8月24日

 

同コラムの最新記事

· 男子10m高飛び込み、中国が金メダルを逃した

· 「シンクロチーム」試合後に失神した日本選手が意識回復

· シンクロ女子チームフリールーティン、中国チームが3位

· シンクロ女子チームテクニカルルーティン、中国チームが3位

· 女子10m高飛び込み決勝、中国の陳若琳が金