ホーム
共同通信など海外メディア、「北京五輪は成功」
発信時間: 2008-08-27 | チャイナネット

オリンピックは政治制度、イデオロギー、人種、文化、宗教の違いを超えたもので、人々が一つの空、一つの五輪旗の下で「より早く、より高く、より強く」を目標に努力するスポーツの祭典だ。過ぎ去った十数日間、全世界が北京に注目し、このスポーツの祭典を楽しんだ。北京は高水準の五輪開催に成功したことで人々の心に残るだろう。

世界が注目

イギリス「ガーディアン」紙は、北京五輪が世界から幅広く注目されているため、イギリス放送協会(BBC)の五輪中継チャンネルの1日当たりの視聴率は27.7%となり、その他のメディアを上回っただけでなく、ここ2年間のこのチャンネルの最高視聴率を記録した、と指摘。また、米NBCの1日当たりの視聴人口も3000万人近くになり、シドニー五輪とアテネ五輪を超えたという。

五輪開催期間中、北京オリンピック国際放送センターの生中継は04年アテネ五輪より2000時間多い5400時間となった。また、国際オリンピック委員会(IOC)が新しいメディア(インターネット)に中継権を販売したのは五輪史上これが初めてだ。

北京オリンピック委員会とIOCによると、五輪開催期間中、ピーク時の視聴人口は112年の歴史をもつ近代オリンピックでは最高の40億人に上り、内外記者も4万人となったという。

世界各地から積極的に参加

オリンピックは世界最大規模のスポーツの祭典だ。204カ国・地域から選手、コーチ、審判員1万人余り、各代表団関係者、ジャーナリスト7万人が北京五輪に参加した。このほか、海外や中国国内などからの観光客もそれぞれ50万人と200万人に及んだ。

ロイター通信は、1万6000人の選手や随行者が宿泊したオリンピック村について「オリンピック村の住民はナウル全土の人口よりも多い、とナウルの選手が驚いていた」と報道している。

共同通信は「日本は総勢570人に上る史上最大規模の代表団を北京五輪に派遣した」と報道。海外メディアは、日本のほかにもシンガポール、南アフリカ、リトアニア、スペイン、エジプト、ベネズエラなど多くの国が史上最大規模の代表団を派遣したことに注目した。

スウェーデン「エキスプレッセン」紙は北京五輪の開幕式について「80カ国から国家元首、政府首脳、王室代表、政府要人が8月8日に開かれた北京五輪の開幕式に出席した。これは現代オリンピック史上前例のないものだ」と評価している。

1   2    



同コラムの最新記事

· 仏大統領、北京五輪を評価

· 中国外交部秦剛報道官:「五輪は中国と世界の人々の絆を深めた」

· 最も多彩な日本-北京五輪の各国応援団 

· 北京五輪、米国最高視聴率を記録

· 「愛ちゃん負けないで」 成熟した中国の観客