写真>新着写真>
japanese.china.org.cn |28. 12. 2017

アンコールワット(二)シェムリアップ、街頭で見かけたホウオウボク

タグ: 北京 昆明 運転手 建築 


法式建筑与蜘蛛网的天线

北京から昆明を経由しシェムリアップに入ると、すでに5月1日未明だった。ホテルで数時間寝ると、昼前になっていた。ホテルのレンタカーは1日30ドルだ。安全性と利便性を考え、私たちは14人乗りのトヨタ車をレンタルした。

 

こうしてリナという名の運転手が、私と共に6日の時を送った。運転手によると、アンコールワットを訪問する際には早めに出発するべきだ。日中は日差しが強すぎ、ホテルに引き返さなければならない。午後3時になると再び出発し、夕日が沈む頃になると戻る。私たちも当然ながら、例外ではなかった。

 

シェムリアップの古い市場はいつものように乱れていた。これは環境と物価のことだ。運転手によると、すぐ近くに新しくできた市場があるそうだが、私たちはガイドブックの通りに観光した。その後になって、観光スポットの商品は、この有名な古い市場よりも割安であることに気づいた。

 

優雅なフランス風の建築物は、老朽化した市場や建物の間に紛れ、さらに頭上には電線が延びる。旧植民地に残された、寂れたような美しさは感じられなかった。

 

私がこのしばらく期待していた町にやや失望したころ、目の前に真っ赤なホウオウボクが広がった。私はホウオウボクを目にしたことがあったが、心に染み入るような鮮やかさはこれが初めてだった。カンボジアの赤い大地と肌、この貧困の最中にあっても色鮮やかに輝いていた。それは人の世で最も誇らしく咲く花だったのだ。

 

美は普遍的に存在する必要がなく、少ないほど良い場合が多い。平凡な風景の中で、不意をつくように心の分厚い壁を貫き、心の奥底まで達するのだ。


1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   >