写真>新着写真>
japanese.china.org.cn |26. 03. 2020

成都パンダ基地が開園 今年初の双子の赤ちゃんをお披露目

タグ: パンダ 繁殖 観光客 健康 基地

 成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地(以下「同基地」)は25日、ついに開園の日を迎えた。可愛らしいパンダたちがお披露目された。

 

 観光客が楽しくパンダを見れるようにするため、同基地は安全を確保した上で開園当日、開園セレモニーなどのイベントを催した。

 

 2分間のショーの後、幸運な観光客5人が央視網パンダチャンネルの生中継により、今年世界で初めて生まれた囲い飼いパンダの双子の赤ちゃんを目にし、さらに同基地から心のこもったパンダ関連グッズを受け取った。この5人の観光客も、パンダが健康にすくすく成長しますようにと願った。その後現場の全員がカウントダウンするなか、同基地の扉が開かれた。しばらく姿を消していたパンダが、うららかな春の日差しを浴びながら観光客と出会った。また基地の正門ではシャボン玉を使ったショーが行われた。

 

 パンダの「福娃」は今月17日、今年初となる雄の双子を出産した。「芝芝」は21日に雄の赤ちゃんを出産した。双子の体重は159.8グラム、119.5グラムで、「芝芝」の赤ちゃんは176.7グラム。3匹は各種健康指標が良好だ。

 

1   2   3   4   5   6   7   >