ポストコロナ時代 科学技術革新の「新傾向」

ポストコロナ時代 科学技術革新の「新傾向」。

タグ:ポストコロナ時代

発信時間:2021-01-10 09:00:00 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

   2020年の新型コロナ流行のダメージを受け、多くの国の経済が「ストップ」した。しかし、科学技術革新は勢いがあり、多くの革新型技術と解決案を生み、突然の「試練」に対応する知恵と粘り強さを示した。


   ポストコロナ時代は人類社会が最終的に常態に戻ると見られる。しかし、新型コロナ流行中に出た革新の「芽」は科学技術の「新傾向」に変わり、デジタル世界と物理世界の更なる融和、科学技術革新の人を中心とした方向への発展は世界の持続的な好調を牽引する。


   新型コロナの流行はソーシャルディスタンスをもたらしたと一方で、革新のインスピレーションも与えた。斬新な科学技術手段は物理的な距離を埋め、リモートワーク、無人配送、スマート工場などの新技術が急速に実用化された。多くの機関と専門家の予測によると、新型コロナ流行で生まれた新科技は「線香花火」ではなく、私たちの生活に残り続け、デジタル化モデルチェンジを加速する。


   世界経済フォーラムで発表された報告によると、新型コロナの流行は以下の10の重要な科学技術傾向を加速化した。オンラインショッピングとロボット配達、デジタルと無接触決済、リモートワーク、遠隔教育、遠隔医療、オンライン娯楽、サプライチェーン4.0、3Dプリンタ、ロボットとドローン、5G通信技術である。


   新型コロナ流行は多くの人々の生活に影響を与え、科学技術革新の意義を改めて考えさせ、疫病にどのように対応するかなど全世界が直面する共通の試練、全人類の福祉増進に力を発揮した。


   新型コロナ流行により、健康は科学技術革新の人気分野になり、人工知能遠隔医療、ビッグデータによる濃厚接触者の追跡などが広く利用された。米国のフォーブス技術委員会の専門家によると、新型コロナ流行により在宅時間が長くなり、スマートフィットネス機材、ウェアラブルデバイスが急速に発展した。


   世界保健機関の最近のある報告は今後5年のデジタル健康発展について、大規模で持続可能なデジタル健康解決案を通し、世界のすべての人の健康を改善するとし、高度コンピュータ、ビッグデータ分析、人工知能、ロボット学習、ロボットなどを解決案に挙げた。



「中国網日本語版(チャイナネット)」 2021年1月10日

TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで