ホーム>>生態環境>>自然環境
青海省の面積の3割が自然保護区
発信時間: 2009-12-29 | チャイナネット

中国西北部にある青海省は、自然保護区の面積が2180万ヘクタールあり、省の総面積の3割を占めている。

ここ数年、青海省は自然保護区の整備に力を入れているため、合理的な自然保護システムの基礎ができている。

現在の所、青海省には自然保護区が11ヶ所あり、ここには大部分の野生動物の生息地が含まれている。

「中国国際放送局 日本語部」より2009年12月28日

 

  関連記事

· 青海に初めての飲用水源水質自動観測所を設置

· 円借款で青海湖周辺の生態環境が改善

· 青海・柴達木盆地に国内最大の塩化工拠点

· 青海のチベット自治州の1万6000世帯が定住

· 青海湖の月景色

·

  同コラムの最新記事

· 内蒙古砂漠面積が10年間で30万ヘクタール減少

· 新疆ウイグル自治区で大雪

· 欧州大部分、豪雪に見舞われる

· 雪原に響く牧歌

· 成都、全国で初めて街路樹落葉清掃を廃止