ホーム>>観光
新疆、大風で出来た様々な形の氷山
発信時間: 2008-04-17 | チャイナネット

 

 

 

 

新疆の烏倫古湖では、春から夏へと季節が変わる時期に、よく強い北西風が吹く。湖面に漂う巨大な氷の塊は、風に吹かれてお互いぶつかりあい、岸へと移動して壮観な氷山になる。

今年は降雪量が例年に比べて少なく、積もった雪の厚さはわずか30センチだった。そのため烏倫古湖を保温する効果が少なくなり、湖面には例年より30センチほど厚い氷が張った。

大風が吹いた4月8日と9日、湖には氷の丘ができ、16日の20メートル近くの大風で、福海県の湖のビーチには巨大な氷山が現れた。これらの氷山は十数メートルの高さで、様々な形をした青い宝石のようである。

「チャイナネット」2008年4月17日

  関連記事

· 新疆ゼン善県で恐竜の足跡が初めて発見

· 新疆の森林カバー率、10年間で倍増

· 新疆で初の女子特別戦闘チーム

· 新疆アルタイ草原最大の岩画が移遷

· 新疆 砂漠化抑制の立法化を提議

  同コラムの最新記事

· 安徽省・関麓村 豪商の繁栄しのばせる古建築群

· 大自然の創造したカルスト地形 雲南省・石林

· 北京の伝統的な雰囲気が濃厚な「南鑼鼓巷」 外国人に人気上昇中

· 中国の観光業、金融危機に積極的に対応

· 秘境「雪の谷」