ホーム>>ニュース>>首页-头条
北京五輪の聖火、オリンピアで点火
発信時間: 2008-03-24 | チャイナネット

北京オリンピックの聖火は24日、ギリシャのオリンピアで点火され、聖火リレーの幕を開けた。

ギリシャ現地時間の24日午前11時、北京時間の24日午後5時、聖火の採火式はオリンピア市のヘラ神殿跡の前で行われた。聖火採火式は太陽の光を鏡に反射させて火種を燃やすという伝統的な方法で行われ、ギリシャの有名な女優マリア・ナフプリオトウさんが演じた最高位の巫女がトーチに点火した。そして、聖火を北京五輪の「祥雲の模様」が描かれているトーチを持っているギリシャの銀メダリスト、アレクサンドリス・ニコライディス選手に手渡し、北京五輪の聖火リレーを正式にスタートさせた。

ギリシャのパプリアス大統領、IOC・国際オリンピック委員会のロゲ会長、北京オリンピック組織委員会の劉淇議長、及びオリンピアのジョージ・アイドニス市長らが採火式に出席した。

北京オリンピックの聖火はまず、ギリシャ国内でリレーされ、30日にギリシャの首都アテネに着き、そこで引き継ぎ式を行い、聖火を正式に北京オリンピック組織委員会に手渡すことになっている。

「中国国際放送局 日本語部」 2008年3月24日

  関連記事

· 北京五輪聖火採火式 チャイナネットが生中継

· 北京五輪聖火の採火式、1時間前倒しで開催へ

· 北京五輪聖火の採火式、1時間前倒しで開催へ

· 聖火リレー、天津ー北京は中国初の高速鉄道利用

· 五輪聖火リレーの記念切手が発行へ

  同コラムの最新記事

· 外交部 北京五輪の観衆が監視されるとの見方に反駁

· 外交部:インド側とダライの会談は行われず

· 「国連加盟、住民投票」 投票率不足で無効 

· 米国、台湾当局の「国連加盟を問う住民投票」に再度反対

· 中国産食品への不理解が中日食品貿易の大きな問題