北京市のスモッグ対策、PM2.5の4%減実現

北京市のスモッグ対策、PM2.5の4%減実現。

タグ: スモッグ対策 PM2.5 北京市のスモッグ  大気汚染 

発信時間: 2015-01-05 17:46:34 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

青空ときれいな空気を取り戻すため、北京市は昨年、様々な取り組みを展開した。市環境保護局が4日に公表した2014年のスモッグ対策の結果は、その努力が結実しつつあることを示している。いくつかのデータはとりわけ士気を高揚させるものとなった。PM2.5の年間平均濃度は1立方メートル当たり85.9マイクログラムで、2013年に比べて4%下がった。PM2.5の値が1級(優)だった日は2013年より22日多い93日となり、5級(深刻な汚染)と6級(非常に深刻な汚染)の日は2013年の58日から45日に下がった。

【汚染程度】

・2014年PM2.5の1級日数は93日に達し、2013年の71日から31%増えた。

・PM2.5の汚染が深刻だった日(5級・6級)は2013年の58日から45日に減り、減少幅は22%だった。

・PM2.5の年間平均濃度は1立方メートル当たり85.9マイクログラムで、2013年の89.5マイクログラムから4.0%下がった。

 

1   2   3   4   5    


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
iphoneでもチャイナネット!

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。