2014年 北京におけるPM2.5の濃度は4%低下

2014年 北京におけるPM2.5の濃度は4%低下。

タグ: PM2.5 濃度 

発信時間: 2015-01-27 15:05:38 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

昨年の北京におけるPM2.5(微小粒子状物質)の実質平均濃度は4%低下したものの、政府が掲げた5%低下という目標には「1%未達」という結果に終った。今年の目標も困難が予想されるものの、5%の引き下げである。「大気汚染問題について、昨年は全市が一丸となって大きな努力をした。多くの市民が積極的に参加し、公務に尽くしてくれた。しかし目標まであと1%届かなかった」1月23日に開催した北京市人民代表大会の政府活動報告で、王安順市長はでこう述べた。 政府は重要プロジェクトとして、今回初めて大気汚染対策について特別報告を行い、その後、参加した700名がこの「1%未達」をどう埋めるかについて議論を戦わせた。 

2014年、北京の大気汚染対策は優れたものであった。プロジェクトはすべて前倒しで行われ計画以上の達成率であった。実際、大気汚染物資の排出量は大幅に減少し、その成果は「1%未達」で括られるものではない。PM2.5を例にとれば、14年の「1級優」の日数は93日と、前年に比べ22日(31%)増加。また「重汚染」の日数は45日と、同13日(22%)減少した。周辺地区の協力もあって「APECブルー」も実現した。 

「かつてない力を尽くしたものの、任務は依然困難であった」この代表者らの言葉に、昨年の大気汚染対策の実態が示されている。「北京市大気汚染条例」が実施されるのに伴い、汚染行為に対する罰則は過去にない厳しい処置が取られた。活動報告によると、北京市の全環境保護部門が検査した各種の汚染企業の数は10万社以上、環境違法行為の立件件数は2921件となった。また罰金の総額は前年比4倍と、初めて1億元を突破した。このほか粉塵や焼却などに関する大気汚染案件についても、件数で1万件、罰金で4099万元の規模となった。 

 

1   2    


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
iphoneでもチャイナネット!

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。