中国カーシェアリング市場は千億元規模 国内外の大手が相次いで参入

中国カーシェアリング市場は千億元規模 国内外の大手が相次いで参入。

タグ: 中国カーシェアリング市場

発信時間: 2017-03-31 13:57:54 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

中国ではレンタサイクルに続き、カーシェアリングが徐々に広がっている。現在、中国の20都市以上でカーシェアリングが導入されており、嗅覚の鋭い各種資本も競うように集まり、国内外の大手が相次いで参入。カーシェアリングは各業界が注目する新たな投資対象となった。

カーシェアリングアプリをモバイル端末にダウンロードして登録すれば、利用時に端末を取り出してスキャンするだけで、自動車のカギを受け取ってエンジンをかけられる。カーシェアリングは今、中国の各地で雨後の筍のように出現している。

記者のまとめによると、現時点で北京市、上海市、広州市、深圳市など20都市にカーシェアリングが導入され、ブランド、ユーザーどちらもが急速に増えている状況だ。

記者が自動車の受取地と返却地を決めると、アプリ上に車両情報や電池走行可能距離、料金計算方法が示された。「GoFun出行」によると、同社が年初の時点で北京市内に配備した自動車台数は1100台、受取地は100カ所余りとなった。今年末までに、全国20都市以上に事業展開し、利用拠点1000カ所超を目指す。

1   2   3    


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。