7つの自由貿易試験区、国務院が新設を批准

7つの自由貿易試験区、国務院が新設を批准。

タグ: 自由貿易試験区 

発信時間: 2017-04-01 15:04:50 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

国務院新聞弁公室が31日に開いた記者会見で、中国商務部副部長の王受文氏、遼寧省副省長の王大偉氏、上海市常務副市長の周波氏、浙江省副省長の梁黎明氏、河南省副省長の舒慶氏、湖北省副省長の童道馳氏、重慶市副市長の劉桂平氏、四川省常務副省長の王寧氏、陝西省副省長の馮新柱氏が、中国の自由貿易試験区の建設状況を説明した。

 新設試験区、国家級新区・園区に設立

王受文氏によると、党中央と国務院は昨年8月末、遼寧省、浙江省、河南省、湖北省、重慶市、四川省、陝西省に7つの自由貿易試験区を新設することを決定した。国務院はこのほど、7つの自由貿易試験区の設立を正式に批准し、全体案をそれぞれ印刷・配布した。新設される自由貿易試験区は主に中西部地区と東北地区に集中。西部開発、東北興隆、中部台頭、東部率先、北京・天津・河北共同発展、長江経済ベルトの発展、一帯一路(シルクロード経済ベルト、21世紀海上シルクロード)の建設などの重大構想により良く貢献することが目的。

国務院はこのほど「中国(上海)自由貿易試験区の改革開放の全面的な深化案を」印刷・配布した。これは上海自由貿易試験区の設立以来、3つ目の案だ。周波氏によると、同案は改革を系統的に反映し、連動発展を際立たせ、一帯一路建設や長江経済ベルトの発展などの積極的な貢献を重視している。自由貿易区を、開放・革新一体型の総合改革試験区、開放型経済体制のリスク・圧力測定エリア、政府ガバナンス能力向上の先行エリアにする。

王受文氏によると、新たな自由貿易試験区は上海などの既存の自由貿易試験区を参照し、主に良好な基礎を持つ国家級新区・園区に設立される。いずれも3つの片区を含み、面積は120平方キロメートル内。7省・市は各自の特長と結びつけ、自由貿易試験区で国有資産・国有企業改革、精製油を中心とする大口商品の投資利便化及び貿易自由化、各種国際物流体制の構築、現代農業交流・協力枠組みの革新、人文交流新モデルの構築といった特色ある試行任務を模索・推進する。上海などの既存の自由貿易試験区と対比・相互補完しながら試験を行い、より広い範囲でそれぞれの特色ある試行構造を形成する。

 

1   2   3   4    


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。