「一帯一路」ブーム高まる 内外の金融機関が新疆ウイグル自治区への進出を加速

「一帯一路」ブーム高まる 内外の金融機関が新疆ウイグル自治区への進出を加速。

タグ: 一帯一路

発信時間: 2017-04-05 15:54:01 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

「一帯一路」戦略が新疆ウイグル自治区のシルクロード経済帯核心区の建設を加速させるにつれて、国内外の金融機関が同地区への進出を速めている。現在、同地区の銀行業金融機関は144行に及び、2015年末に比べ11行増加した。

2016年末から、国内外の金融機関の新疆ウイグル自治区における開業が目に見えて加速している。2016年12月30日、同地区に初めて地域性株式会社の商業銀行、新疆銀行が正式に開業した。今年の3月20日には、パキスタンのハビ銀行ウルムチ支店が開店し、また3月26日には北京銀行が同地区に総合支店、北京銀行ウルムチ光明路支店を設立した。

計画によれば、新疆銀行は地方法人銀行の金融支持機能を積極的に発揮させ、シルクロード経済帯核心区建設の戦略的目標に対して金融面でサポートする。

ハビ銀行中国の社長、ハハン・ダリボ氏は次のように述べている、ハビ銀行のウルムチの支店設立は「一帯一路」の歴史的好機に当たって打ち出した戦略的選択である。支店設立は中国・パキスタン間の経済回廊建設に全方位にわたって金融支持を提供するもので、新疆シルクロード経済帯核心区建設を推進し、中パ間の人民元建て決済業務と経済貿易交流を推し進めるものである。

新疆銀行監督管理局城商処処長の王海氏は、「北京銀行ウルムチ光明路支店の開店は新疆中小企業への融資難を解決し、金融環境を改善し、地域の経済社会発展に有力な支援と保障を提供する上で大きな意義を持つ」としている。

1   2    


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。