ホーム>>生態環境>>自然環境
中国、青海チベット高原の氷河をリアルタイム観測
発信時間: 2009-04-18 | チャイナネット

中国北西部の青海省にある衛星観測センターでは、気象衛星「風雲3号」による観測システムを作っており、近々、青海チベット高原の氷河をリアルタイムで観測することにしている。

青海チベット高原には、世界最多の山岳氷河があり、そこは、中国を含む東アジア地域の主要な河川の重要な水源となっている。しかし、ここ数十年の間、地球温暖化の影響で氷河の融解が進み、地元とその下流地域の水資源の確保、さらには生態環境の保全にまで影響が及んでいる。

これを受け、青海省の衛星観測センターは政府の環境対策をサポートするため、気象衛星を利用して毎年夏に氷河の動きをリアルタイムで観測し、その結果を報告として発表することにしている。

「中国国際放送局 日本語部」2009年4月18日

 

  関連記事
  同コラムの最新記事

· 中国 50年間で土壌流失による耕地損失300万ヘクタール超

· 24都市の市長、環境保護で共同宣言

· 研究者「チベット文化と環境保護は良好」

· 青海チベット鉄道、植樹による「緑の壁」設置

· 表土流出で失われる耕地は1年間で約6万7000ha