米映画会社MGMが破産法申請

米映画会社MGMが破産法申請。

タグ: MGM,メトロ・ゴールドウィン・メイヤー,債権者

発信時間: 2010-11-04 11:15:37 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

 

米ハリウッドの大手映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)は、今後の再建計画を債権者が承認し、3日朝正式に破産法申請を発表した。約40億ドル(約3200億円)の債務は株式化によって負債額を削減する。

米国で有名な投資家カール・アイカーン氏はこの前、MGMの2割の債務を購入し、最近ではMGMの債権者と合意して、他社との合併計画を放棄している。

MGMは1924年に創業したハリウッドでは老舗の映画会社。『風と共に去りぬ』や『レインマン』『007』などの人気作品を世に送り出し、200回のオスカー賞を受賞した。

1   2   3   4   5    


「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。