年末の映画商戦が幕開け チャン・イーモウとツイ・ハークがガチンコ対決

年末の映画商戦が幕開け チャン・イーモウとツイ・ハークがガチンコ対決。 11月29日、楚漢戦争を描いた映画・『鴻門宴(鴻門の会)』を皮切りに、2011年の年末映画商戦が遂に幕開けとなった。これから来年の旧正月にかけて新作の中国映画だけでも30本が相次いで上映され…

タグ: 鴻門宴,映画,3Dカンフー,お正月映画,戦争,抗日戦争

発信時間: 2011-12-19 15:47:52 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

映画『鴻門宴(鴻門の会)』

11月29日、楚漢戦争を描いた映画・『鴻門宴(鴻門の会)』を皮切りに、2011年の年末映画商戦が遂に幕開けとなった。これから来年の旧正月にかけて新作の中国映画だけでも30本が相次いで上映され、お正月映画の話題で持ちきりになりそうだ。

この中で、最も注目されている新作は、徐克(ツイ・ハーク)監督の3Dカンフー大作『龍門飛甲(Flying Swords of Dragon Gate)』と張芸謀(チャン・イーモウ)監督の1年ぶりとなる注目作『金陵十三釵(The Flowers of War)』。この2つの作品は、今月16日に同時公開ということで、2大監督のガチンコ対決から目が離せない。

徐克(ツイ・ハーク)監督の『龍門飛甲(Flying Swords of Dragon Gate)』

張芸謀(チャン・イーモウ)監督の『金陵十三釵(The Flowers of War)』

毎年年末になると、お正月映画の熱いバトルが繰り広げられる。中国の、お正月映画といえば、『非誠勿擾(狙った恋の落とし方。)』『唐山大地震』などのヒットを叩き出した馮小剛(フォン・シャオガン)監督が真っ先に頭に浮かぶが、今年の年末は残念ながら"お休み"を宣言している。さらに、昨年『譲子弾飛(仮:弾丸を飛ばせ)』と『趙氏孤児』で年末を盛り上げてくれた姜文(チァン・ウェン)監督と陳凱歌(チェン・カイコー)監督も"欠席状態"ということで、なんだか寂しく感じる人が多いかもしれない。

さて、今年の年末商戦に新たに豪華な顔ぶれが加わった。中華圏屈指の名監督・徐克(ツイ・ハーク)と張芸謀(チャン・イーモウ)だ。

1   2    


日本人フルタイムスタッフ募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。