ホーム>>リビング・イン・チャイナ>>中国滞在関連 Q&A>>国際結婚と養子縁組
一部の海外メディアは、中国政府は「養子縁組政策を厳格化し、国際的な養子縁組は制限する」と報じている。この政策を修正する理由は何か。
発信時間: 2008-04-01 | チャイナネット

答 総体的に言って、中国の国際養子縁組政策は変わってはいない。だが、扶養や教育能力、いろいろな面で条件がより整った家庭を探すために、多少の修正をした。養子縁組政策に関する一部海外メディアの報道は不正確で、無責任であり、ある程度、メディアの報道を受ける側、とりわけ里親となっている外国の家庭に誤解を与えてしまった。

この数年来、国際養子縁組事業に関する法規を健全化し、制度を完備させるとともに、手続きを適正化し、運用を透明にしてきたことで、養子縁組をしようとする外国人の申請は年々増えている。だが、養子に出される児童の数が次第に減ってきたうえに、国内の養子縁組件数が増えてきたことから、外国人の要望を満たすのが今まで以上に難しくなってしまった。待ち時間は14~15カ月になることもある。このため、ある外国の養子縁組組織は、家庭の状況に応じて対応するよう提案してきた。この提案を受け入れ、07年5月1日から、条件のより整った家庭を優先する方法を講じることにした。里親は「男性一人と女性一人が婚姻関係を構成し、かつ関係が安定した夫婦である」「夫婦ともいずれも満30歳以上50歳未満」といった条件を備えていることが必要になった。

こうした目的は、より多くの子供、とりわけ体の不自由な児童が養子になることで、できるだけ早く安住の場所を得てリハビリを受けられ、扶養と教育を受けられるようにすることにある。同時に、里親は順番を待つ時間が短くなるので、彼らの焦燥感を和らげることもできる。養子縁組組織については、実情に即して、外国側の申請数を調整することで、条件のよい家庭を優先的に選択することもできる。

この10年近くの間、中国は16カ国と国際養子縁組関係を結び、協力関係にある政府機関や養子縁組機関は172にのぼった。国際養子縁組は孤児を安住させる上で有益な補完法となっている。政府は外国人家庭の扶養資格を真摯に審査して、里親となる家庭を厳格に選ぶとともに、受け入れ後の児童の生活状況を追跡調査することで、養子になった子供たちの権益保護にも力を入れている。これまでに養子縁組の数は数万件にのぼる。国際養子縁組は長年にわたって行われてきたが、養子になった中国の児童は外国の里親の心こもった世話を受けて、心身ともに健康になり、法的に身分が保障されたほか、一部の体の不自由な児童は治療やリハビリを受けている。国際的な養子縁組は、彼らに新しい人生を切り開かせ、新たな希望を持たせることができたと言えるだろう。

「チャイナネット」2008年3月

 

  関連記事
  同コラムの最新記事

· 外国人が中国に来て子女を引き取って育てる場合、どのようにして養子縁組の公証を行うのか?

· どのような人が引き取って育てられる者になれるのか?

· 養子縁組をする外国人はどのような条件を備えるべきのか?

· 外国とかかわりのある結婚を申請する男女双方はどのような証明書と証明書類を提出しなければならないのか?