解放軍が初めて米韓軍事演習に公に反対 韓メディアが重大な関心

解放軍が初めて米韓軍事演習に公に反対 韓メディアが重大な関心。 中国人民解放軍総参謀部の馬暁天副参謀総長は1日、中国の領海にとても近い黄海でこのような合同軍事演習を行うことに、私たちは非常に反対である」と語った。3日付の韓国紙「中央日報」の報道によると、解放軍側の最高クラスの指導者が公に姿勢を表明したのはこれが初めてだという…

タグ: 解放軍 米韓軍事演習  韓メディア 台湾 武器売却

発信時間: 2010-07-05 11:20:41 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

中国人民解放軍総参謀部の馬暁天副参謀総長は1日、香港のテレビ局「鳳凰衛視」の取材を受けた際、「中国の領海にとても近い黄海でこのような合同軍事演習を行うことに、私たちは非常に反対である。彼らの演習に対して、私たちはすでに『断固として反対する』という姿勢をはっきり示した」と語った。これに対し、韓国メディアは重大な関心を寄せている。

馬暁天副参謀総長

3日付の韓国紙「中央日報」の報道によると、これまで、中国は政府系メディアを通じて、黄海における米韓合同軍事演習に不満を表してきたが、解放軍側の最高クラスの指導者が公に姿勢を表明したのはこれが初めてだという。

これについて西側メディアは、中国からの反対やプレッシャーにより、6月に予定された米韓合同軍事演習は7月に延期され、規模も縮小されると報じた。

関連ニュース:

米韓共同軍事演習 米国が黄海に空母派遣か
 黄海での米韓合同軍事演習 中国は冷静に対応を
 解放軍が30日から東中国海で実弾訓練 米韓演習は絶好の機会?
 外交部「米韓合同軍事演習への米空母派遣を注視」
 黄海での米韓合同軍事演習が再び延期
 「中国は黄海の米韓軍事演習を食い止めるべき」
 米韓合同軍事演習に3万8千人の兵士が参加

1   2    


コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。

一覧同コラムの最新記事