ホーム>>中国における貧困撲滅対策>>写真による報道
貧困家庭に一足先の臘八粥を提供 四川省
発信時間: 2008-01-15 | チャイナネット




  1月15日は旧暦の12月8日に当たり、年に1度の臘八節。中国では臘八節にいろんな雑穀、米、豆、栗やナツメなどが入った臘八粥を食べる習慣がある。新華社にウェブサイト「新華網」が伝えた。

  四川省南充市順慶区では14日、「千人百家族で楽しむ臘八粥」イベントが開催され、開催者は同区の貧困家庭、独居老人や一時帰休者の一部を招いて臘八粥を提供、一足先の「臘八節」を過ごしてもらった。 

  写真(1):一緒に臘八粥を食べる南充市順慶区の住民

  写真(2):熱々の臘八粥を盛る料理人

  「人民網日本語版」2008年1月15日

  関連記事
  同コラムの最新記事

· 寒さにさよなら 暖かい教室で授業

· 寧夏回族自治区初の孤児院が開園

· 西部地区、9年制義務教育を普及

· 国際貧困撲滅デー、「貧困層が変革者」

· 西蔵 貧困家庭にテレビを普及