ホーム>>中国における貧困撲滅対策>>写真による報道
四川 羌族の住宅再建プロジェクトが竣工
発信時間: 2009-09-25 | チャイナネット

 

 四川省茂県楊柳村の再建プロジェクトが24日に落成し、羌族の家族56世帯・231人が新居に引っ越した。このプロジェクトはAutodesk社が発案したもので、政府、建築学会、大学など社会各界から幅広い支持を得た。新しい建築は軽い鋼材を骨組みとし、現地でよく見られる竹、草、泥などエコ建材を補助的材料とすることで、建築コストを大幅に下げた。耐震性は伝統的なレンガとコンクリートの住居よりも優れている。



 「人民網日本語版」2009年9月24日

  関連記事

· 羌族文化財、はるばる成都に引っ越し

· 中国政府、三千年の歴史を持つ羌族文化復興に尽力

· 中国、地震被災地での羌族文化保護区の設置へ

· 中国、地震被災地での羌族文化保護区の設置へ

· 羌族の被災児童84人、深センで授業再開へ

  同コラムの最新記事

· 地震被災地区の学生、新校舎で新年度スタート

· 地震被災地区で学校再建 新学期に向けて

· 納木錯と班戈県をつなぐ道路の改築が10月に完成

· 四川大地震の被災地で112万戸の永久住宅を建設

· 独竜族を訪ねる 雲南