ホーム>>観光
歴代の皇帝を祭る 歴代帝王廟
発信時間: 2009-04-02 | チャイナネット

正門

 

北京市西城区にある歴代帝王廟は明代嘉靖9年(1530)に建設された。明・清代の皇帝が祖先を祭った場所であり、太廟や孔廟と並んで王室の三大廟宇と称された。

封建時代の統治者は古くから祖先を祭る習慣があり、特に三皇は中国人の祖先と見なされ、歴代帝王の景仰の的であった。また、先代の帝王は後代の手本でもあったため、祭祀する必要があったのである。

明の初代皇帝・朱元璋は祭祀する帝王を18人と決めたが、清の順治帝の時代には25人が祭られるようになった。

康熙帝、雍正帝、乾隆帝は歴代帝王廟を非常に重視した。康熙帝は「非道のために殺された皇帝や亡国の皇帝を除いて、帝位に就いた歴代皇帝すべてを祭らなければならない」との言葉を残した。乾隆帝は「中華の帝室の世系は決して途切れていない」として、廟とは関わりのない王朝の皇帝も祭った。そして乾隆帝の時代に、188人の帝王が祭られることとなった。

 

1   2   3   4    


  関連記事
  同コラムの最新記事

· 第2回世界仏教フォーラムの開催地・無錫の霊山

· ゆったりとした時間が流れる成都の錦里歩道街

· 福建省の土楼が映えるダイダイの花

· 春らんまん 水郷同里の景観

· 湖南省高椅村の春  黄色の絨毯に映える古民居群