中国政府8部門、シェアリングエコノミーの更なる発展促進に向け指導意見を発表

中国政府8部門、シェアリングエコノミーの更なる発展促進に向け指導意見を発表。

タグ: 中国シェアリングエコノミー

発信時間: 2017-08-07 15:44:54 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

近年、中国のシェアリングエコノミーは急速な発展を遂げている。目覚ましいイノベーション、幅広い応用により、いくつかの分野で世界の先端を行くまでになったうえ、創新・創業型企業も育成された。中国国家情報センターの統計では、2016年の中国シェアリングエコノミー市場取引額は3兆4500億元と、前年比で103%増加した。サービス利用者数は6億人、サービス提供事業者数は約6000万に上るという。

シェアリングエコノミーは「成長の悩み」にも直面している。その更なる発展を如何に促進すべきか?中国国家発展改革委員会(発改委)、中央インターネット安全・情報化指導グループ、工業情報化部など8部門がこのほど発表した「シェアリングエコノミーの発展促進に関する指導意見」について、発改委の関係者が解説した。

「意見」の条文は16条と短くよく練られているが、シェアリングエコノミーの主な特徴、直面する問題、発展への筋道、最低限の保障措置などが盛り込まれている。

「意見」は、新業態・新モデルへの包括的な支持を表明するとともに、シェアリングエコノミーが内包する特徴を明らかにした。現段階では、◇ICT(情報通信技)の利用、◇インターネットを通じた資源分散・資源配分の適正化、◇利用効率の高い新興経済形態、――などに主な特徴があると指摘した。発改委関係者は、「シェアリングエコノミーがスピーディに変化し、広く浸透している点を考慮し、『意見』はガイドラインとして示された」と語る。シェアリングエコノミーを厳格に定義づけるものではなく、若干のカギとなる共通点や特徴についての必要事項を指摘したものだと説明。包摂性と識別可能性の両方に配慮し、シェアリングエコノミーに対する各部門、地方政府、各界の認識の統一を図るものだとしている。

1   2    


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。