中米が初の天然ガス長期契約を締結、米サプライヤーが意欲的

中米が初の天然ガス長期契約を締結、米サプライヤーが意欲的。

タグ:中米,天然ガス,長期契約

発信時間:2018-02-12 10:37:10 | チャイナネット | 編集者にメールを送る


 トランプ政権が中国に対して、急成長する市場を米サプライヤーに開放するよう働きかけたことを受け、中国は初となる米液化天然ガス(LNG)輸入の長期契約を結んだ。米ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が9日、伝えた。

 

 米LNG大手シェニエール・エナジーは9日、中国石油天然気集団(中石油)と2件の輸出契約に署名したと発表した。米メキシコ湾から中国にLNGを輸出する。

 

 契約内容によると、中石油は2043年まで毎年120万トンのLNGを輸入する。うち一部は今年中に船で輸送され、残りは2023年より交付が始まる。

 

 トランプ大統領は米国のLNG輸出を、米国をエネルギー超大国にする計画の重点としている。ウィルバー・ロス米商務長官は昨年5月、米国の対中輸出「加速」の協定を発表した。同協定は既存の規定を変えないが、米国のLNGサプライヤーが中国と取引をしたいというシグナルを送った。

 

 トランプ大統領が昨年11月に訪中した際、米LNG業界の取締役2人が随行していた。これにはシェニエールのジャック・ファスコCEOが含まれていた。トランプ大統領の訪中期間中、シェニエールと中石油はLNG輸出契約の実現に向けた覚書に署名した。



1  2  >  


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで