ホーム>>文化>>考古学
湖北省で漢代の古墳が出土
発信時間: 2008-07-15 | チャイナネット

考古学者が湖北省丹江口市土台郷七里溝の玉皇廟遺跡付近で2カ月間に渡る考古学調査を経て、きわめて珍しい、弦楽器の琵琶の形をした漢代(紀元前206~220年)の古墳が出土した。

古墳は玉皇廟遺跡付近の離れ小島にある。島の面積はサッカー場くらいで、これまでずっと水浸しになっていた。今年は丹江口ダムの水位が下がったことで、島が水面に現れた。古墳は幅5メートル、奥行き18メートル、底部が広くて上部は狭く、中央部は弧形で、全体としては琵琶の形をしている。

専門家の話によると、出土した器物から見ると、古墳は漢代のものであることが判断できる。この古墳の形は、これまでに発掘された漢代の墓としては非常に稀なものである。

古墳のそばからまた数々の小さな漢代の墓と数多くの鼎、箱、壷などの陶器や石斧、チョウナなどの石器が発掘された。

「チャイナネット」2008/07/15

  関連記事

· 湖北 被災救援活動開始 12人けが

· 07年の「中国十大考古学新発見」・湖北鄖県遼瓦店子遺跡

· 湖北、洪水により死者30人 先月以来の豪雨で

· 湖北、重慶、四川、貴州で洪水・冠水被害が深刻

· 焼け付く日差し 湖北・襄樊も37度超

  同コラムの最新記事

· 世界最古の鳥と花が復原 遼寧省

· 5000年前の大汶口文化の遺跡、前歯を抜く東夷人の習慣を証明

· 安徽省の春秋時代の墓から大きな新発見

· 07年の「中国十大考古学新発見」・河南安陽固岸後漢北斉墓地

· 07年の「中国十大考古学新発見」・新疆庫車友誼路晋十六国時代煉瓦室墓