ホーム>>文化>>考古学
重慶、大足石刻保護プロジェクトを実施
発信時間: 2008-07-18 | チャイナネット

大足石刻芸術博物館によると、大足石刻保護プロジェクトが国家文物局の認可を得て、実施されることになった。

 大足石刻宝頂山の千手観音像は南宋年間(1127~1279年)につくられ、石龕の高さは7.7メートル、幅12.5メートルで、15~30メートルの崖の上に塑像されたものである。1007本の腕があり、それぞれの手のひらには目が彫刻されているので、「千手千眼観音」とも言われている。大足石刻は1999年に世界文化遺産リストに登録された。

現在、大足石刻の保存状態は望ましくなく、特に風化作用で湿気による金箔の剥落がひどく、塑像全体の保存に脅威を与えている。中国文化遺産研究院は、たび重ねて専門家を組織して現場を調査し、宝頂山の千手観音像の現状を分析して、「大足石刻宝頂山千手観音応急修理案」を作成し、国家文物局に提出した。これによって関連の保護作業が始まった。

「チャイナネット」2008/07/18

  関連記事

· 湖北省、100の古墳と1000の文物を発見

· 湖北省で漢代の古墳が出土

· 「重慶三峡国際観光祭」クルーズが出航

· 「開幕式」五輪開幕式で「重慶美人」が舞う!

· 四川・重慶の上場企業、半数が取引再開 市場は反発

  同コラムの最新記事

· 湖北省、100の古墳と1000の文物を発見

· 湖北省で漢代の古墳が出土

· 世界最古の鳥と花が復原 遼寧省

· 5000年前の大汶口文化の遺跡、前歯を抜く東夷人の習慣を証明

· 安徽省の春秋時代の墓から大きな新発見