ホーム>>文化>>考古学
陝西省 「第二の敦煌」の異名を持つ鐘山石窟
発信時間: 2008-07-18 | チャイナネット


陝西省子長県・鐘山の南麓にある鐘山石窟は、東晋の太和元年(366年)に建造が開始され、完成までに千年以上を要した。計18の石窟があり、現在は、そのうちの5つが発掘されている。中でも「中窟」は、最大規模の石窟で、大小合わせて1万体以上の仏像があり、「万仏岩」とも呼ばれる。同石窟は国内外の専門家に「世界でも珍しい石窟」、「第二の敦煌」と評され、歴史的、芸術的、科学的に非常に高い価値をもつ。

「人民網日本語版」2008年7月18日

  関連記事

· 陝西省 関中平原で初の仏教石窟が発見

· 大同の雲岡石窟、冬も人気衰えず

· 北京最大石窟寺群、一般に開放

· 敦煌石窟の壁画復元作業完了

· 竜門石窟のライトアップ企画がスタート 洛陽

  同コラムの最新記事

· 湖北省、100の古墳と1000の文物を発見

· 湖北省で漢代の古墳が出土

· 世界最古の鳥と花が復原 遼寧省

· 5000年前の大汶口文化の遺跡、前歯を抜く東夷人の習慣を証明

· 安徽省の春秋時代の墓から大きな新発見