概要
時間:2010年5月1日―2010年10月31日
場所:上海市中心黄浦江両岸、南浦大橋と盧浦大橋間の濱江地区
目標:200の国家と国際機関の出展、7000万人の見学者を誘致
テーマ
マスコット
組織機構
会場全体のイメージ
中国と万博
TV-CM
万博雑誌(日本語版)
ベストシティ実践区
万博オンライン
上海概況>>
上海の観光スポット>>
上海で文化の旅を>>
グルメナビ>>
買い物ナビ>>
周辺観光ガイド>>
観光都市>>
景勝地>>
マスコット

 

テーマ具現

 

都市は人間の最初の居住地が進展・変化したもので、引き続き進化・成長した有機システムである。人間はこの有機システムで、最も活力が溢れ、最もオリジナルな細胞である。人間の生活と都市の形と発展とは、密接に関わっている。都市化のスピードアップにつれて、都市の有機システムと地球の大生物圏と資源体系間の相互作用も、日増しに深化し、拡張している。人間、都市と地球という三つの有機システムは相互に関係があり、都市発展のプロセスを貫き、三者も将来も分割できない全体として融合する。

人間は都市の細胞であり、都市の魂でもある。人間は都市に文化、性格と想像力を与える。都市化が進み、「市民」になる人は多くなっている。都市の人口は、日増しに増えており、多様性も一層富んでいる。また、都市以外の人間生活も、都市化の影響を避けられないようになる。都市は人間の生存の質に条件を作り、都市も人間のオリジナルと創造の温床にもなる。

異なった都市の構造と内部のネットは共通性もあれば、独自性もある。都市システムの運営と発展ルールを理解し、健全で持続可能の都市構造とネットを築くことは、都市が住みやすく、長く続く活力を備える前提である。それは都市システムの特徴と発展ルールに対する理解、日常生活、建設、開発と管理における理性的行為による。

人間は都市発展を促進する核心であり、都市化プロセスで最も想像力のある主体である。人間は美しい生活の創造者であり、美しい生活の体験者でもある。上海万博マスコットのデザインは、テーマ具現の角度から、漢字の「人」を創造的に選び出して、アイデアのポイントにした。マスコットの青色は、地球・夢・海洋・未来・科学技術など要素を示し、上海万博の「より良い都市、より良い生活」のテーマに符合する。

マスコットの全体イメージは構造が簡潔で、情報が単純で、覚えやすく、伝えやすい。マスコットは一つだけだが、動作・シーン・衣装の変化を通じて、各種の形を見せ、多種の風格を展示する。

「上善若水(上善水のごとし。水は万物を善く利して、而も争わず)」、水は命の元であり、マスコットの主体イメージは水で、色が海のような青色で、中国が世界に溶け込み、世界を抱く斬新な姿を示す。

海宝は「人間」の都市多元文化融合の理想を示す。「人間」の経済繁栄、環境の持続発展可能建設への称賛を示す。「人間」の都市の科学技術の革新・発展への限りない期待を示す。「人間」の都市コミュニティー改造の願いも示す。「人間」の心の都市と村と共同反映の願いも示す。海宝は色に富む生活への憧れであり、色とりどりの命への祝いであり、中国・上海の世界各地からの友人への熱い招待でもある。

 

名前の由来

 

中国2010年上海万博マスコットの名前は「海宝(HAIBAO)」と言い、「世界各地の宝」の意味である。「海宝」の名前は朗々として口にし、その体の青い色とも合わせ、中国民俗に合う吉祥の言い方の原則に符合する。「海宝」の名前は、マスコットのイメージと緊密な関係があり、吉祥の意味である。

「海宝」は中国2010年上海万博のイメージ大使であり、情熱的な両腕、自信の笑みで、世界各地からの友人たちを歓迎している。

 

1   2    


Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved E-mail: webmaster@china.org.cn Tel: 86-10-88828000