気候変動交渉が重要段階に、中国の貢献に注目  

気候変動交渉が重要段階に、中国の貢献に注目  。

タグ: 気候変動交渉 中国の貢献 京都議定書

発信時間: 2014-12-04 16:01:39 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

]「国連気候変動枠組条約」第20回締約国会議、「京都議定書」第10回締約国会議が、現地時間12月1日にペルーの首都・リマで開幕した。各国は12日の会期中に、「協定の要素の細分化」、「情報の明確化」、「行動・実施の強化」という3つの中心的な議題を巡り議論する。気候変動の駆け引きは重要な段階を迎えており、2015年国連気候変動パリ会議で新たな世界気候変動協定が締結されるか否かに重要な影響を及ぼす。  

・各国が取り組みを強化  

リマ会議には、2015年末のパリ会議までに協定の草案を作成し、パリ会議で2020年以降の気候協定を締結するよう促す役割がある。もう一つの重要な役割は、各締約国の重要な共通認識を形成し、「グリーン気候基金」を創設することだ。  

気候変動の対応は人類の生産・生活方式の変更、未来のエネルギーシステムの再構築、世界の政治・経済構造の変化に関わる、人類の前途と運命を左右する重大な問題だ。しかし国連のこれまでの交渉では多くの協定が結ばれたが、実行に移されることが少なかった。各国は実質的な問題で、合意に至っていない。

 

1   2    


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
iphoneでもチャイナネット!

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。