第68回ベネチア国際映画祭コンペ部門、中日の作品がそろってノミネート

第68回ベネチア国際映画祭コンペ部門、中日の作品がそろってノミネート。

タグ: イタリア,第68回ベネチア国際映画祭,金獅子賞

発信時間: 2011-08-12 14:47:52 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督の『賽徳克・巴莱(セデック・バレ)』。監修は『レッドクリフ』のジョン・ウー監督

8月31日から9月10日までイタリアで開催される今年の第68回ベネチア国際映画祭、最高賞の金獅子賞を競うコンペティション部門への出品21作品がこのほど発表される。そのうち、ケイト・ウィンスレット、ジョディ・フォスター、クリストフ・ワルツ、ジョン・C・ライリーが豪華共演する「Carnage(カナージ)」(ロマン・ポランスキー監督)のほか、台湾の魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督の『賽徳克・巴莱(セデック・バレ)』、香港の許鞍華(アン・ホイ)監督の『桃姐(シンプル・ライフ)』、そして、日本の園子温(そのしおん)監督の「ヒミズ」が選出され、今年は、中国と日本の作品いずれも出品が決まったということだ。

『賽徳克・巴莱(セデック・バレ)』(上篇)

魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督の代表作は2008年に台湾映画史上最高のヒットを飛ばした映画『海角七号 君想う、国境の南』。台湾最南端の島を舞台に、60年の時空を超えて男女の恋を描いた純愛ストーリーだったが、今回の新作『賽徳克・巴莱(セデック・バレ)』は、1930年代の日本統治時代、台湾原住民と日本軍との戦いを描いた歴史大作で、上下の2部構成となっている。ウェイ監督は「ベネチア国際映画祭という世界的な映画祭にノミネートされ、とても緊張している。世界に台湾の魅力をアピールできるチャンスをいただいた」と語った。

1   2   3    


日本人フルタイムスタッフ募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。