ホーム>>社会
チベット医薬
発信時間: 2009-03-10 | チャイナネット

 チベットと言えば、誰でもすぐ「世界の屋根」と仏教のことを思い出すが、しかし、2000余年にわたって青海・チベット高原に伝えられてきたチベット医薬と言えば、それについて知っている人は少ないようである。また、チベット医薬については、巫術だと言う人もいれば、古代インドの医学から進展、変化してきたため、古代インド医学の複製品だと言う人もいる。ちなみに、これは1970年代に盛んに言いはやされていたことでもあった。

 「これらの見方は間違いだ」と、中国民族医薬学会の蔡景峰副会長は指摘している。七〇年代の初めからチベット医学の歴史についての研究に従事してきた蔡教授はさらに、チベット医学はいまや、漢方医学、チベット医学、インド医学、古代ギリシャ医学という世界の医学界に認められている四大伝統医学の一つであり、チベット族の人々が複雑な自然環境の中で長期にわたってさまざまな疾病と闘う中で形成された民族の医学として、完備した理論体系もあれば、豊富な実践経験もあり、中国の伝統医学の重要な構成部分となっている、と語った。

 史書によれば、紀元前の数百年間、代々チベット高原に暮らしていた人々は、一部の動物、植物、鉱物に痛みを止め、病気を追い払う効き目があることが分かるようになっていた。そればかりでなく、系統的な理論を持たないとは言っても、スー油(ウシやヒツジの乳を煮つめたときに浮かび上がる油)で出血を止め、チンコー酒(チベット特産のハダカムギで作った酒)の酒かすで外傷を治療する民間療法だけでなく、瀉血、火療、塗布、マッサージなど簡単な治療法をも使いこなすようになった。

 四世紀のラトゥトゥルの時期に、熱療法による寒病の治療、寒療法による熱病の治療という医学理論が生まれた。七世紀、チベット王のソンツェン・ガンポ(松贊干布)がチベット高原一帯を統一し、とばん(吐蕃)王朝を打ち立てた。また、チベットに仏経の経典の導入を始め、周辺の国の医者を招聘し、さらに唐朝(618~907)とは婚姻により親戚を結び、文成公主がチベットに嫁入りした。文成公主がチベット入りする時、「404種類の処方箋、5種類の診断法、6種類の医療器具、4種類の医学書」を携えていった。これは吐蕃王朝が初めて外来の医薬の知識を大規模に受け入れたことでもあり、チベット医学を形成し、発展させるうえで深遠な影響を及ぼすものであった。

 八世紀には、金成公主がまた、多くの医薬関係者を従え、医学書籍を携えてチベットに入った。その中の一部の著作はチベット語に翻訳された。例えば、現存する一番早い時期のチベット医学の著作『月王薬診』がそれである。チスムデツァン(赤松徳賛)の時期は吐蕃王朝の最盛期であり、仏教が大いに発揚されると同時に、チベット医薬学も未曽有の発展を遂げ、九大名医が現れた。そのうち、ユィトゥ・ユンタンゴンポ(玉妥・元丹貢布)が最も有名であった。この人は民間医薬についての経験をまとめ、優れた医学の文化を吸収した上で、十年をかけて、後世まで伝わるチベット医学の名著『四部医典』を書き上げた。これはチベット医学のユニークな体系の確立を示すものであった。

 十四世紀になると、チベット南北地区の気候の違いによって、全然異なった治療法を使うスゥカ(蘇か)派とチャムバ(強巴)派が生まれ、チベット医薬の理論を発展させた。この時期にはまた、多くの優れた医学書と『四部医典』の注釈も出版された。

 チベット医学の理論には「三つの要因」という説がある。つまり、人体の生理的機能を気・風、火、粘液という三大要素に要約しているのである。チベット医学によれば、この三つの要素の機能が人体の中でバランスが取れていれば、人間は健康な状況にあるが、逆の場合、いろいろな病気にかかりやすくなる。そのほか、人体は飲食、血、肉、脂、骨、髄、精という七種類の物質から構成されるもので、人間と自然界は密接な関係にあるため、さまざまな生理的機能は自然界の変化によって変わるという。

1   2   3    


  関連記事

· 50年前のチベットの民主改革

· チベット封建農奴制廃止と欧米の「奴隷廃止」

· チベット百万農奴解放記念日の設立

· チベット民主改革50周年

· チベットの人々、民主的自治と宗教自由を享受

  同コラムの最新記事

· 文化財保護の足跡

· チベットの中国一

· チベットの世界一

· チベットの民家

· チベットの景観