ホーム
永住と定住という2つの概念にはどんな違いがあるのか?
発信時間: 2007-10-26 | チャイナネット

もとの『外国人出入国管理法』の原則的規定の中で定住と永住という2つの概念はいずれも使われていた。その時、中国での定住を批准する主要な適用対象は家庭団欒のための人たちであり、永住資格の授与対象は主に外国籍のハイレベルの人材と中国に対し特殊な貢献をした人たちであった。しかし、1つの法律概念として、定住と永住には別に非常に厳格な違いはなく、特に定住と永住を認めた後に、その人たちが享受する利便と権利も大体同じものであった。仕事の実践を経て、特に新しい審査許可管理方法を制定する過程で、じっくり検討をおこなうことにより、今後、もう一度定住と永住の2種類の状況を区別し、同時に2つの概念を使う必要はないと考えるに至った。したがって、新しい審査許可管理方法の中で、われわれはそれを「中国での永住」と総称し、発行する証明書もすべて同様な『外国人永久居留証明書』とすることであり、今後の実施方法の中ではもう一度2つの概念を使うことはせず、すべて永住という1つの概念を使うことにした。

 

「中華人民共和国中央人民政府ポータルサイト」の2006年の資料より

 

「チャイナネット」2007年10月

 

  関連記事
  同コラムの最新記事

· 中国における外国人滞在のタイプはいくつあるのか?

· 中国では「グリーンカード」の手数料基準はどうなっているのか?

· 「グリーンカード」とは何か?