新型コロナの動物の発生源、中国の研究能力を信じる=WHO駐中国代表

新型コロナの動物の発生源、中国の研究能力を信じる=WHO駐中国代表。

タグ:新型コロナの動物の発生源  WHO

発信時間:2020-05-06 14:20:24 | チャイナネット | 編集者にメールを送る


 世界保健機関(WHO)駐中国代表のガウデン・ガレア氏は5日、新華社の独占インタビューに応じた際に「WHOは中国が新型コロナウイルスの動物の発生源に関する研究を展開していることを知っており、中国の研究能力を信じている」と述べた。


 高氏は「WHOと中国は今年2月に動物の発生源の問題など、新型コロナウイルスに関する研究を掘り下げるべき領域を確定した。中国のこれらの問題に関する研究は、類似する感染症の再発防止にとって極めて重要だ」と話した。


 WHOは1日、緊急委員会が現在の新型コロナウイルス感染症の位置づけを「国際的に注目される緊急公衆衛生事件」で維持することで同意したと発表した。緊急委員会はまた、WHOと国際獣疫事務局、国連食糧農業機関及び加盟国の科学研究協力により、動物の発生源を特定するよう提案したという。


 ガレア氏は「現在まで得られているすべての証拠は、このウイルスが人為的な操作や生成によるものではなく、自然界由来であることを示している。多くの研究者が同ウイルスのゲノムの特徴を研究しており、実験室由来ではないという証拠を見つけている」と話した。


 「WHOは中国政府の招待に応じ、新型コロナウイルスの動物の発生源に関する研究に参加する意向だ」


 ガレア氏は、中国が感染症の実情を隠していると一部の国から疑問視されている件について、「WHOは1月3日より中国と共同で、感染状況の深刻さ、感染の動力学、持続的な人感染の可能性、臨床経過、治療効果などの問題について技術的な意思疎通を続けている。また国際保健規則の規定に基づき、国際社会に詳細に報告している」と説明した。


 「これにはウイルスの早期鑑定、1月12日の遺伝子配列の共有といった、新型コロナウイルス感染対策の重要な節目が含まれる。WHOは何度も、中国が新型コロナウイルス遺伝子配列の検査にかけた時間の短さは記録的だと表明している」


 ガレア氏は新型コロナウイルスのワクチン及び関連治療法の研究開発に関する中国側の取り組み、中国側の二国間・多国間ルートによる衛生資源が相対的に不足している国への感染対策の専門技術、診断ツール、設備などのサポートを積極的に評価した。


 中国の感染対策はすでに最も苦しい時期を乗り越えたが、感染対策の成果を維持し、ぶり返しを防ぐ任務は困難だ。ガレア氏は「WHOは引き続き感染対策で中国と緊密に連携し、中国と共に子供の定期的なワクチン接種、慢性疾患の看護を含むその他の重要健康問題に取り組む」と述べた。


「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年5月6日


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで