ホーム>>中国における貧困撲滅対策>>教育と公共衛生
耳の愛護デー 中国は聴覚障害者に対するケアを強化
発信時間: 2008-03-03 | チャイナネット

3月3日は耳の愛護デーだ。中国は予防から機能回復指導にいたるケアを強化し、一層多くの聴覚障害者が音のある世界を取り戻すのを支援している。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

教育や民政、労働保障、医療衛生といった国家の8部・委員会が昨年共同で全国聴力障害予防・機能回復計画を発表したのに続き、科学技術部は今年「マルチチャンネル式人工内耳の国産化研究開発及び補助設備開発」を「第11次五カ年計画(2006~10年)」の国家科学技術サポート計画の重点プロジェクトに取り入れた。プロジェクトは入札公募中で、国家が1千万元以上を支出する。

2006年の第2回全国身体障害者サンプル調査によると、全国で聴覚に障害を持つ人は2780万人。先天性の深刻な聴力障害を持ち、最先端の補聴器を使っても正常な聴力の回復が見込めない新生児は毎年2~3万人に達している。

「人民網日本語版」2008年3月3日

  関連記事

· 中国、障害者のバリアフリーを立法面から整備

· 障害者が輝く北京パラリンピック

· 西安市、知的障害者向け学校の設立へ 1500万元投入

· 浙江省人民代表大会代表に障害者が初当選

· 浙江省人民代表大会代表に障害者が初当選

  同コラムの最新記事

· 北京:「身体障害児孤児支援基金」設立

· 西蔵 9割の非識字者を一掃へ

· 青海省、農牧地域の生徒に暖かい冬を提供

· 中国赤十字基金会、貧困ガン患者を救助

· 障害者対象の「情報バリアフリー愛心ボックス」が登場