ホーム>>中国における貧困撲滅対策>>農村部における貧困撲滅
今年、都市部と農村部住民の消費レベル成長が持続
発信時間: 2009-12-21 | チャイナネット

中国社会科学院が21日、社会青書である『2010年中国社会情勢分析予測』を発表した。青書は「2009年、都市部と農村部の住民収入は引き続き増え、消費レベルも高まった。しかし、住民の消費の差も拡大しており、政府のさらなる調整が必要だ」と指摘した。

また「2009年1月から9月まで、都市部住民の可処分所得は1万3000元近くで、価格変動の要素を除いて、実際に10%ほど増えた。農村住民の一人当たりの現金収入は4300元で、価格変動の要素を除いて、実際に9%ほど増えた」としている。

さらに「住宅と自動車などが一般家庭でも普及するようになり、教育、医療、通信、観光、文化などの消費支出の割合も急速に増えている。しかし、住民の消費には格差の拡大や消費、貯金と投資の比率の不均衡などの問題が表れている。そのため、政府は収入と分配の関係をさらに調整して、農村住民と都市部の低収入者の収入を高めると共に、基本的な教育や医療、社会保障への投入を増やしていく」としている。

「中国国際放送局 日本語部」より2009年12月21日

  関連記事

· 中国の高級品消費シェア、世界の27.5%

· 消費ニーズ促進に3方面のアプローチ必要

· 国務院、消費促進関連政策措置を完備化

· 国民消費率「インドに及ばない」国家統計局

· 商務部、消費の一層の拡大について検討

·

  同コラムの最新記事

· 農民工の都市部定着促進政策を研究へ

· 中国西部、9割の農民が新型農村協力医療保険に加入

· 西部地区の9400万人の農民の飲用水問題を解決

· 青海のチベット自治州の1万6000世帯が定住

· 重慶市、三峡ダム地区基金プロジェクト始動へ