ホーム>>中国における貧困撲滅対策>>農村部における貧困撲滅
中国西部で大規模な農村の危険な住宅改造を開始
発信時間: 2010-01-19 | チャイナネット

 



 ぼろぼろの小さな家に50年以上住み続けた後、貴州省黔東南苗族初I族自治州台江県方召郷の危険な住宅改造プロジェクト対象の苗族の張里九さんは、ついに政府の補助の下で快適な苗族風の新居を改築し、2010年の旧正月前に夢の新居を手に入れた。

 中国西部では「農村の危険な住宅改造プロジェクト」が2009年の最も重要なキーワードとなっていた。2009年11月30日までの全国農村の危険な住宅改造プロジェクト試行任務の工事着工率は91.1%、竣工率は64.9%に達している。

 「人民網日本語版」2010年1月19日


 

  関連記事

· 青蔵鉄道が西部大開発の大動脈に

· 西部ガスの東部輸送、3億人に恩恵を

· 北京西部にある「小故宮」 万寿寺の雪景色

· 北京西部にある「小故宮」 万寿寺の雪景色

· 西部ガスの東部輸送、3億人に恩恵を

·

  同コラムの最新記事

· 今年、都市部と農村部住民の消費レベル成長が持続

· 農民工の都市部定着促進政策を研究へ

· 中国西部、9割の農民が新型農村協力医療保険に加入

· 西部地区の9400万人の農民の飲用水問題を解決

· 青海のチベット自治州の1万6000世帯が定住